ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
支払い方法について
配送方法・送料
プライバシーポリシー
kiribox会社概要



「kiribox」の作るメモリアルボックスは、すべて職人の手作りです。
その製作過程には、作っている職人にしかわからない、細かな配慮やこだわりが隠されています。 
そんな隠れた職人のこだわりにスポットを当ててみたいと思います。

1・木取り〜箱の底板を貼る
2・乳歯入れをつくる
3・天板を作る
4・仕上げ


1.木取り〜箱の底板を貼る




仕事場の入り口には、いつも板がたくさん並べられています。

―これは、何をしているのですか?
(職人さん)「板を乾燥させています。桐材はそのままだとアクが強いので、水につけたり、天日にさらすことでアクを抜くんです」

―アクがあると、製品に影響が出るのですか?
(職人さん)「最初は分からないのですが、アク抜きが不十分だと、赤黒い色になって出ることがあります。ですからkiriboxでは、それを極力防ぐために、製品化するギリギリまでアクを抜くように努めています。特に梅雨時は湿気が多いので、板の状態には気を遣いますね」

形になる前から、製品作りは始まっているのです。


充分に乾燥した板は木取りされ、部品ごとに細かく分けられます。

―これは、どの部分ですか?
(職人さん)箱の側面です。太い部分が身側、細い板はフタ側になります。

―番号がふってありますが…
(職人さん)板の木目をあわせるためです。フタと身側の木目がキレイにあうように、木取りの段階で使う場所を決めているのです。

―「木取り」は難しいと聞きましたが?
(職人さん)そうですね。木はそれぞれ模様が異なりますから、一枚の板からどの部分を、どれだけ取るかというのは職人の腕が問われる部分ではあります。

職人歴17年の職人さんでも、まだまだ木取りは修行中。厳しい世界です。


見ている間に、どんどん板が組みあがっていきます。



―それは、何ですか?
(職人さん)木釘です。この釘も一本づつ、職人が手作りしているんですよ。
―ええっ?すごいですね
(職人さん)釘打ちは職人によって癖がありますから、他人の釘は使いません。

素人目には全く同じ釘に見えますが…ここにも隠れたこだわりがありました。



四角い枠を作り、底板を打つと、もう「箱」の原型ができあがりました。
ここで作業はいったん中断します。

―しばらく時間をおくのですか?
(職人さん)はい。のりを乾燥させるのと、すこし時間をおいて木を歪ませるためです。

―わざと歪ませる、のですか?
(職人さん)はい。木は生き物ですから、時間がたつとどうしてもクセが出て、反ったり歪んだりします。完成前に時間をおくことで、いずれ出るであろう歪みをここで出させておくんですね。その後で、歪んだ部分を修正します。

―なるほど…「商品作成に2週間」というのは、こういう時間が含まれるからなのですね。
(職人さん)そうですね。お客さまをお待たせするのは申し訳なのですが、せっかくお買い上げいただくからには、最高の品質でお届けしたいので…。


2・乳歯入れをつくる


箱をねかせている間に、乳歯入れや仕切りなど、中の細かい部分を製作します。



―今度はずいぶん小さいですね。なにを作っているのですか?
(職人さん)乳歯入れの部分です。細工が細かいので、結構時間がかかるんですよ 。

乳歯入れの部分も手作りなのです。完成した部品は、仕上げの段階で箱に取り付けます。




3・天板を作る




赤ちゃんのお名前を、職人さんが一文字づつ焼き入れていきます。
天板は、メモリアルボックスのいわば「顔」。一発勝負で失敗の許されない焼き印は、もっとも神経を使う作業です。
写真のように、添え板をあてて焼き入れ位置をそろえているようですが、文字によって添え板を微妙にずらしている職人さん。
一直線に並べるのではなく、全体の文字バランスを考えて、焼き入れます。


―熟練の技、ですね。いつも一文字づつ、手で押すのですか?
(職人さん)はい。手押しだと文字をはっきりと刻み込むことができるんです。レーザー焼印などを使えばもっと簡単に、均一に整った焼き入れもできるのですが…こだわりといえば、こだわりでしょうね。


―赤ちゃんの名前以外でも焼き入れてもらえますか?
(職人さん)もちろんです。結婚記念に、お二人のお名前を焼きいれたご夫婦や、「おばあちゃんの米寿記念に」なんていう方もいらっしゃいます。用途はさまざまですね。


できあがった天板を、箱に打ち付けます。これで、箱になりました。




4・仕上げ




天板の縁をみがき、段差をつけます。


―この部分、「きちょうめん」と言うんですね。
(職人さん)はい。漢字もそのもの「几帳面」です。いわれは色々ありますが、おもしろい名前ですよね(笑)。
これによって天板を浮き立たせます。反りを防ぐ効果もあるんですよ。

「きちょうめん」が出来あがると、角ばった部分にカンナをかけ、丸みを出していきます。



出来上がった箱を、みがきます。
ひとくちに「みがく」といいますが、その工程はとても手間がかかっています。

まず粗いサンドペーパーでみがいた後、目の細かいサンドペーパーで二度みがきます。
さらに光沢を出すために蝋を塗りこみ、仕上げに布でみがきます。


―ものすごく手間がかかっていますね…(驚)
(職人さん)そうですか?(笑)代々伝わる工法ですから、そう煩雑だとは感じません。丁寧にみがけばみがくほど、箱は輝きますから、それを見るのが楽しみでもあります。




できあがったメモリアルボックスに、絵付けします。
これでようやく、メモリアルボックスが完成しました!
できあがったメモリアルボックスをラッピングして、いよいよお客さまのもとへ。



―一緒に入っているのは、お名前のシールですか?
(職人さん)あ、はい。焼き入れしたお名前のシールをおつけしています。ちょっとしたサプライズということで… 。紙箱の見やすい部分にはっていただければ、うれしいです。


一枚の板からここまで、約2週間。
メモリアルボックスができ上がるまでには、たくさんの工程と、職人さんのこだわりがありました。

メモリアルボックスを作っていてなにより嬉しいのは、お客さまから喜びのメッセージをいただくことです。励みになります。
これからも、「kiribox」がお子様の思い出を残すお手伝いができればと願っております。

ご覧いただいたように、「kiribox」のメモリアルボックスはすべて手作りです。したがって、お客さま一人ひとりのご要望に答えることが可能です。
仕切りをこんなふうにつくってほしい、大きさを変えたいなどのご希望がありましたら、どんなことでもまずご相談下さい。 出来る限りご希望にお答えしたいと思っています。


母子手帳入れ ネットショップランキング 出産祝い ネットショップランキング お祝い用品 ネットショップランキング 手形・足形 ネットショップランキング 命名書 ネットショップランキング 誕生記念 ネットショップランキング 名前入り ネットショップランキング 誕生日プレゼント ネットショップランキング 名前入り ネットショップランキング ブライダル ネットショップランキング

まな板 ネットショップランキング キッチン用品 ネットショップランキング 小物入 ネットショップランキング 和雑貨 ネットショップランキング 収納箱 ネットショップランキング 伝統工芸 ネットショップランキング 工芸品・民芸品 ネットショップランキング ネットショップ検索

雑貨ショップ&商品検索サイト 雑貨マニア ベビー&子供用品HEART-SEARCH Calamelに出店中 クロネコ探検隊 ベビー&子供服「CHILD CHARM」雑誌で人気のGAOSS(GARACH)専門のお店です。かわいいパンダがいっぱい♪